長崎市で脊柱管狭窄症ならあさひ整骨院

受付時間

脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 病院で脊柱管狭窄と診断され、手術が必要と言われた
  • できれば手術はせずに改善したい
  • 腰やお尻の痛み、重さやだるさがある
  • 歩いていると足の痛みやシビレが出る
  • 前かがみになったり腰掛けたりすれば痛みが軽減する

腰部脊柱管狭窄症とは?|あさひ整骨院 長崎市

背骨は、脊椎とそれをつなぐ椎間板や黄色靭帯などで1本の柱の様な形で構成されています。

その内部に脊髄の神経が通っているトンネルの”脊柱管”があります。

腰部脊柱管狭窄症とは腰の骨の脊柱管が狭くなっている状態のことを言います。

加齢や仕事での腰への負担、背骨の病気などが原因で、腰部の脊柱管が狭くなることにより、中を通っている神経が圧迫されてしまいます。

特に多い原因としては加齢に伴う、腰の骨の変形によって起こることがほとんどです。

脊柱管で神経が圧迫されると、腰やお尻、足の痛みやシビレなどの症状が現われます。

特徴的な症状として、歩くとだんだん足のしびれや痛みが出てきて、長距離を歩くことが困難になります。

しかし休憩することで改善し、再び歩行が可能になります。

このように歩行と休憩を繰り返す”間欠性跛行”がみられます。

また、腰を後ろに反らすと痛みやシビレが増悪し、前かがみになると症状が和らぎます。

腰部脊柱管狭窄症は中年以降の60~70歳代に多くみられ、状態が悪化すると少しの距離を歩いただけでも痛みやシビレがひどくなり、日常生活が著しく制限されてしまいます。

このように日常生活に支障が出ている場合は手術が適用されるケースもありますので、そうならないための施術が大切になってきます。

長崎市のあさひ整骨院では、脊柱管狭窄に対する適切な施術とアドバイスを行い、できる限り手術をせずに症状が改善することを目指しています。

状態が悪化する前に長崎市のあさひ整骨院までご相談ください。

長崎市のあさひ整骨院の腰部脊柱管狭窄症に対する施術|あさひ整骨院 長崎市

脊柱管狭窄症で変形した骨を元に戻すことはできません。

しかし、腰椎への負担を軽減することや、神経周りの血流が良くなるようにアプローチすることは可能です。

手術以外では腰の負担を減らすことと神経の周りの環境を良くすることが大切になります。

脊柱管の狭窄が起こっている箇所だけではなく、それに関わっている周囲の問題からもアプローチして、根本的に調整していくことが必要になります。

長崎市のあさひ整骨院では状態に応じて、姿勢矯正や骨盤矯正を行い、背骨や骨盤周りの筋肉とバランスを調整して腰に負担がかからないように施術をしていきます。

また、腰から足にかけての筋膜調整も同時に行い、神経周りの血流が良くなるような施術を行っていきます。

病院で、手術を勧められたが手術をせずに改善されたい方、痛み止めや注射をしてもなかなか良くならなかった方は、お早めに長崎市のあさひ整骨院までご相談ください。

患者様の声

執筆者:柔道整復師・ケアマネジャー
あさひ整骨院 院長 岡田憲弥

院長の顔写真

整骨院や高齢者施設で10年間の経験を積み、スポ―ツをされる方から高齢者の方まで多くの方に携わらせて頂き、今回ご縁があり新大工に開業することとなりました。
健康づくりのサポート、アドバイスを行いますのでよろしくお願い致します。

長崎市のあさひ整骨院へのお問い合わせ

あさひ整骨院

住所
〒850-0017
長崎県長崎市新大工町2-20 松尾ビル 1F
アクセス
諏訪神社電停、新大工電停から徒歩3分。
諏訪神社前バス停から徒歩1分。

受付時間