長崎市でシンスプリントならあさひ整骨院

受付時間

シンスプリント

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 運動後にスネの内側が痛くなる
  • 患部を押すと強い痛みが出る
  • 日常生活に支障はないが、運動をすると痛くなる
  • 繰り返し走ったり、ジャンプすることが多い
  • 部活動を新しく始めだしてからスネが痛くなった

シンスプリントとは?|あさひ整骨院 長崎市

シンスプリントとはランニングやジャンプなどの運動を過度に行うことによって起こるスポーツ障害の1つです。

過労性脛骨骨膜炎とも呼ばれ、スネの内側に痛みが生じる状態のことを言います。

運動中や運動後にスネの内側に痛みが出やすく、スネの骨を三等分にした場合の下1/3部分に痛みが出るのが特徴です。

特に陸上競技やサッカー、バスケなど走ることの多いスポーツをしている人に発症しやすく、中学生や高校生に多く見られます。

練習量を減らし、足への負担を軽くすることで改善することもありますが、練習を再開すると再発するケースや、痛みがある状態で運動を続けると症状が悪化し日常生活や安静時にも痛みが出るようになることもありますので、早めの治療が必要になります。

シンスプリントの症状|あさひ整骨院 長崎市

シンスプリントは、スネ内側の運動時の痛み、押した時の痛み、腫れが主症状です。

また、走る時やジャンプ動作、着地した際に痛みが強くなります。

初期ではウォーミングアップや安静によって痛みがなくなりますが、無理な練習を続けることで運動後の痛みや、運動中は常に痛みが出るようになります。

さらに悪化すると安静時にも常に痛みがある状態で日常生活にも支障が出るようになります。

安静時でも強い痛みや日常生活に支障が出ている場合は脛骨の疲労骨折も疑われますので、その際は一度病院受診を勧めております。

そうならない為にも出来るだけ早期に当院へご相談ください。

シンスプリントの原因|あさひ整骨院 長崎市

シンスプリントの原因は主にランニングやジャンプなど運動のオーバーユース(使いすぎ)によって、足の筋肉に負担がかかり、筋肉から繋がっているスネの内側にある骨の骨膜に炎症が起きて発生します。

また、扁平足(足の裏が平らな状態)や回内足(足首が内側に入り、靴の内側がすり減る)、ふくらはぎや足首の柔軟性の低下、筋肉疲労の蓄積、地面が硬い場所での練習、クッション性の無い靴などの原因も挙げられます。

また、新入生など急激に運動を始めた人や久しぶりに運動を再開した人にも多く見られます。

当院でのシンスプリント治療|あさひ整骨院 長崎市

まずはシンスプリントの主な原因である過度な運動を制限し、足の筋肉にかかる負担を軽くすることが必要です。

痛みがひどい場合にはアイシングやハイボルト電気治療を行い、炎症や痛みの緩和に努めます。

ハイボルト電気治療をすることにより、指では届かない深部までアプローチが可能となり、骨膜付近の患部に対してしっかり刺激を加えることができ、早期回復が見込めます。

また、姿勢や骨盤の歪みにより、バランスが崩れ、足に負担がかかっていることもありますので、全身のバランスを見て、必要であれば姿勢や骨盤の矯正を行っていきます。

その上で、使いすぎにより硬くなってしまっている足の筋肉に対してマッサージやストレッチを行い、患部や足首、股関節の柔軟性を高めていきます。

この際、一番重要になるのが患部の血流量です。

運動により筋肉に過度の負担がかかると疲労物質が溜まり、血流障害が起きます。

血流障害が起きることによって、筋肉が低酸素、低栄養状態になり筋肉が硬くなって痛みを発生させます。

この血流障害を改善させるにはマッサージやストレッチも有効ですが、当院ではラジオ波温熱治療も同時に行う事により、血流改善の効果が高まります。

当院ではマッサージやストレッチ、骨格矯正などの手技療法と、上記のようにハイボルト電気治療、ラジオ波温熱治療などの物理療法を組み合わせ、お一人お一人の状態に合わせた治療を行います。

症状が悪化する前に早めに当院までご相談ください。

患者様の声

執筆者:柔道整復師・ケアマネジャー
あさひ整骨院 院長 岡田憲弥

院長の顔写真

整骨院や高齢者施設で10年間の経験を積み、スポ―ツをされる方から高齢者の方まで多くの方に携わらせて頂き、今回ご縁があり新大工に開業することとなりました。
健康づくりのサポート、アドバイスを行いますのでよろしくお願い致します。

長崎市のあさひ整骨院へのお問い合わせ

あさひ整骨院

住所
〒850-0017
長崎県長崎市新大工町2-20 松尾ビル 1F
アクセス
諏訪神社電停、新大工電停から徒歩3分。
諏訪神社前バス停から徒歩1分。

受付時間